八幡宮

八幡宮

  • はちまんやまのおやしろ

    お山に、当町内の自慢の八幡宮(小祠)を勧請し、毎年7月24日の京都・祇園祭・後祭り山鉾巡行に参加して居ります。? この小祠は、総金箔を施したもので、天明年間(1781~1788)の作と伝えられ、向拝は唐破風 になっており、桧皮茸風に綿密に屋根面は刻まれ、枡組(ますぐみ)、蟇股(かえるまた)、木鼻(きばな)の犀象(さいぞう)、獅子等は極彩色で、 面取の向拝柱、五級錺金具付き階段は基壇とも金箔押し、組勾欄は朱塗りで鍍金擬宝珠付き、両側脇障子には極彩色の雲中登り龍、降り龍彫刻が全面に施されています。 祇園祭山鉾巡行当日は、この小祠をお山の上にお載せして参ります。寸法:幅64cmX奥行62cmX高さ100cm

  • はちまんやまのごしんたい

    ひろく、みんなに親しまれている、日本中の数万の「はちまんさま」はどこもみな、応神天皇を御神体としています。応神天皇は、実在の天皇の中では最古とされています。

    神功皇后が、神懸かりでお産みになったので、王神――応神となりました。

    豊前の国(今の大分県宇佐)にて、「我は15代の応神天皇なり」と宣言して、近畿から、西日本一帯を平定して、4世紀末の優れた王との記録が有ります。(今でも、全国の八幡さまの総本社は大分県の宇佐八幡宮となっています)

    このように、軍事的な勢いから、応神天皇――八幡神とされてきました。

    源義家が「石清水八幡宮」(京都府八幡市)にて「八幡太郎義家」を名乗り、その後鎌倉幕府が「鶴岡八幡宮」を篤く祀ったことから、ますます八幡さまは、武将の神様、戦の神様、勝負の神様となってゆきました。

    その、石清水八幡宮は、平安京が造られた時の南方の守り神として祀られました。

    その頃から、伊勢神宮と並んで、皇室や、平安京の守護神となり、火の神、水の神、母子の神として、武将以外にも、広く民衆に慕われるようになって、津々浦々の街々に祀られるようになってゆきました。

    当「八幡山」では、この歴史深い「応神天皇」の騎馬像(運慶作)を総金箔が施されたお社(1780年頃)にお納めして町会所にてお祀りしています。

  • はちまんやまのおうじんてんのうきばぞう

    お社(小祠)の中には、運慶の彫り物である、応神(おうじん)天皇騎馬像を拝しております。

  • はちまんやまのいいつたえ

    京都祇園祭八幡山

    初めて天下統一を果たした太閤秀吉が、入洛の時には常宿としていた新町三條の伊藤道光邸。その伊藤邸は、三條町(当時は伊藤町と呼称)に在りました。その三條町の町衆が、何百年もの間、護り引き継いで来たのが八幡山です。

    京都祇園祭の「八幡山」は、応仁の乱(1470年頃)以前の記録に既に登場しています。その後、明応9年(1500年頃)や、延宝時代(1680年頃)の文献にも詳しく記載されています。

    古くから大変親しく敬われている八幡宮信仰の根源は九州の宇佐八幡宮、京都府八幡市の石清水八幡宮など、いろいろな道筋が有るようです。その八幡宮と命名される神祠は、全国で4万を超えるそうですが、当八幡山は、京都市下京区に在った「若宮八幡宮」が、東山五条に遷された後に、当町内に分祠されて祀られたようです。八幡山の、金箔鮮やかなお社の中にお祀りする「応神天皇騎馬像」が若宮八幡宮との関わりを物語っています。こうして、町内にお祀りした「八幡さん」を、御輿のように担いで八坂神社へお参りしたのが祇園祭山鉾巡行の始まりと言われています。

    32基の、山や鉾が、牛頭天王、天照大神、神功皇后、鈴鹿明神、天満宮、観世音と、実に様々な神々を勧請して祇園さんへ巡行するのも大変趣きが有ります。その長い歴史の中で、各山鉾が懸装品を競い合って豪華にしてゆき、今日のように立派な美術品の巡行になりました。

    八幡山も、三条町の町内の人達やその周りの人々の協力によって一所懸命伝統を守ってお祭りを執り行い、次代に引き継ごうとしています。