毎年の8月10日、八幡山では「放生会」の神事を執り行います。

コロナの為に、祇園祭の巡行は中止になりましたが、放生会だけは予定通りお勤めしました。

ただし、例年はお町内の皆さん全員に御案内しますが、今年に限り三密を避けて役員10名だけの参列になりました。

八幡山の本家「石清水八幡宮」から神官をお迎えしての神事です。

神官に神前飾りの最終チェックをして貰います。

 

御神酒、昆布、スルメ、青瓜、お洗米、塩、水を供えて、ロウソクも立てました。

灯籠と提灯を懸けて、神前飾りが出来ました。

開式直前の様子の動画は「こちら」から。

 

先ずは祭司が御祓いを受けてから。

 

祝詞奏上。役員全員が低頭して聴きます。

 

祭司が玉串を奉奠。

続いて今年の主行司が玉串を。役員数人もそれに続きます。

これで、今年の八幡山の神事行事は全てお終い。

来年こそは、またまた賑やかなお祭りを行いたいものです。(萬)