コロナのおかげで今年の山鉾巡行は中止になりましたが、疫病退散から始まった祇園祭は、そのままでは済まされません。

7月17日の前祭は「お榊巡行」で23基、24日は後祭の11基がお榊巡行を挙行致しました。

その間には、八坂神社の「御神霊渡御」も行われて、神事だけは例年通り執り行われています。

24日を前にして、予め届いた「お榊」は、当日まで八幡さんのお社の前で待機して貰います。

例年なら、豪華な懸装品を飾り付けた八幡山の前後をお町内の皆さん30人程がお供していますが

今年は代表者一人だけと言う事で八幡山の長老さんが正装で出発準備です。

行列の出発場所に向かう様子の動画は「こちら」から。

数十年前の祇園祭巡行のコースを東へ進みます。

今年は「鬮取り式」が無かったので、巡行の順序は昨年と同じなので八幡山は4番目です。

巡行中の動画は「こちら」から。

三密を避ける為にコースや時刻は公表されて居ませんでしたから、見守る人も少ないです。

 

約一時間の巡行を終えた一行は、八坂神社の御旅所に着いて玉串を奉奠。

無事に疫病退散の祈念を終えました。

 

八幡山の長老を追いかけて、お町内の皆さんが御旅所まで同行されました。

みなさんお疲れ様でした。

これからは、コロナ終息の方向に向かってゆきますように。(萬)