今年の祇園祭は、宵山と巡行が無くて寂しいことですが街を歩くと「今年もお祭りを」との意気が感じられる

風景がいろいろと見られます。

 

例年のように、幔幕や提灯を出して、いつものお祭りの様な気持ちに浸って居られます。(萬)