印刷
親カテゴリ: 八幡山かわら版
カテゴリ: 2022年八幡山ブログ京都祇園祭

7月17日の、前祭巡行を終えたら、いよいよ後祭の準備です。

八幡山では、18日にお町内のみなさん40数人に参集して頂いて「吉符入りの儀」をもちました。

朝から行司さんたちが、神前飾りを致します。

御神酒、洗米、塩、水、白瓜、スルメ、昆布、をお供えしてみなさんをお待ちします。

10時の定刻を待つ、皆さん。

主行司の拝礼に合わせて、全員が二礼二拍手一礼。

その後、皆さんで御神酒を頂戴します。

八幡山役員に囲まれた主行司さんから、今年のお祭りについての、解説、注意、御願いが報告されます。

コロナの為に、3年ぶりとなる山鉾巡行でもあり、お隣の町内には、鷹山さんが196年ぷりに復活と言うことで、参拝客が増えそうなので

大事無きように、みなさん慎重な聞き入って居られます。

 

参照数: 297