享和元年に建てられた八幡山の土蔵からは、大事な懸装品や所蔵品の他に、いろいろな古文書も多々見つかりました。

数年前に見つかった文書は、充分に点検の後、京都市歴史資料館に預けました。

この度、またまた別の処からたくさんの文書が見つかったので、市の関係者に調査に来て貰いました。

100年以上前の八幡山の様子が、様々な角度から判る貴重なものでした。

あらかた全体を一読して、全てを撮影。これからゆっくりと検分して頂けるそうです。

それが済めば、また資料館に預かってもらう予定です。

お祭りの継承も大切なことながら、こうしてかけがえの無い歴史遺産を時代に引き継ぐのも、我々の努めです。(萬)